上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
献血


本日は免許更新で一日が終わってしまった。

免許更新と言えばある人物が思い浮かぶ。その人物とは伝説の免許更新放置世界記録保持者の笑学生さんことうえむ○ちゃんに他ならない。参考文献はこちらから。その武勇伝を聞きたい人は本人まで。

私にとって免許更新と献血はセットのようなものでまさにクリープとコーヒー(「クリープのないコーヒーなんて!」でもおれはいらないけどね)の関係になる。

免許更新や海外逃亡のため国際免許取得の際には必ず献血する。なぜかって?それはたまには人のためになる事しておこうと考えると身体だけは人一倍丈夫なこの私(ありガトーショコラ!丈夫に生んでくれて)にできるのはこれぐありではないかと言う訳である。決してエイズが心配でその検査のためではないので誤解しないで欲しい。

本日はラッキー?なことに午前中の更新時間にギリギリで間に合わずそのおかげで2時間も空いてしまったため、血小板献血というのをやって欲しいと美人ナースではなくイケイケおばちゃんに頼まれ、初物に弱い私はすかさず、OK牧場!これは普通の献血と違い1時間くらいかかる。(よってあまりやってくれる人がいないらしい)

「えーっ、1時間も採血するの?」と驚くなかれ、さすがに1時間血を抜かれ続けたらたまらない。一度機械に取り込んだ血液を血小板と赤血球に分けて血小板を残して体に戻すというようなことを言っていた。これが約15分でそれを4セット!なんか筋トレみたいな響きで心地よいのは私だけであろうか?針が1時間ぶっ刺さったままというのは点滴みたいで違和感があったが「笑っていいとも」をみながウトウトしているうちに終わっていた。

何じゃこのマスコット人形は思った人も多いだろう、そうこれこそは血小板献血をやった人のみもらえる吸血鬼人形メジャー(実物を見たい人はFree Waveにて)だ!献血マニアの中では憧れのシロモノであるかは定かではない。

それじゃ、血液をいっぱいつくるために寝るとするか。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。